CEATEC JAPAN 2017参加レポート

おはようございます。

Pixel2が日本で発売されない悲しみと、
カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞という予想外の衝撃のダブルパンチで
精神が安定しないタイガージェット・チンです。

2017年10月3日〜10月6日までの4日間、幕張メッセで開催されている
CEATEC JAPAN 2017に参加してきました。(1日だけですが)

ces_blog_01

CEATECは、アジア最大級のITとエレクトロニクスの国際展示会です。
http://www.ceatec.com/ja/

前回のTech in Asiaに引き続き、
テクノロジーブログを名乗っている以上、見逃せないイベントですね。

Tech in Asiaは、テクノロジーを活用した事業を展開するスタートアップのイベントなので、
ビジネス寄りでしたが、CEATECは純粋に技術のイベントです。

ちゃんと見ようとすると、とても1日では回りきれませんでした。

それを全部記事にしようとすると、僕の文章スキルでは、おそらく2年ほどかかるので
今回は とくに興味のあった AR/VR関連をまとめようと思います。

Pimax 8K

これを体験するためCEATECに行ったところはあるんですが、
調整中だったり、すごい行列だったりで、体験できませんでした……

悲しすぎです。

『Pimax 8K』は、4K(3840×2160)解像度のパネルを2枚ずつ搭載しています。
また人間の視野角に近い、200°という視野角を実現しています。
(HTC VIVEの視野角は、約110°)

あとメガネかけたままでも大丈夫らしいです。

JEDI CHALLENGE (ジャダイ チャレンジ)

ces_blog_02

いや、まじこれもめっちゃやりたかったんですけど、
めっちゃ並んでました。。。

高校生?がたくさん当日来ていて、JEDI CHALLENGEにも並んでいたので、
「少年よ、大志を抱け」ということで、若者に希望を託して、おじさんは列から離れました。(ただ行列に並ぶ体力がなかった)

HMDは、Lenovo Mirage ARヘッドセットです。

Mirageは、スマートフォン(iOS・Andoroid)を挿入して、
レンズを通して現実世界を見ることができるARヘッドセットです。

ARヘッドセットなので、VRと違って周囲の様子を見回すことができるので、
ライトセーバーをぶん回しても壁や他の人を殴ってしまうことはありません。

またスタンドアロン型のHololensよりも安価で、視野も広くなっています。

ライトセーバコントーラーとトラッキングビーコンとセットで、
199.99ドルで予約ができます。誰か買ってください。
https://www3.lenovo.com/us/en/jedichallenges/

リアルタイム自由視点VR

ces_blog_03

事前情報を持ってなかったというのもありますが、
個人的には、かなりビビったデモの1つになります。

自由視点VRは、設置された複数台のカメラで撮影された映像から人物を抽出して、
3DCGとして合成することで、リアルタイムで本来カメラが存在しないアングル(自由な視点)で視聴できる技術です。

株式会社KDDI総合研究所 ニュースリリース
https://www.kddi-research.jp/newsrelease/2017/100203.html

技術としては、

・AIを活用した人物判別エンジンで、高速かつ高精度に人物だけを抽出
・3DCGを平面の集合体として表現することで、制作速度を大幅高速化
・5G回線による、大容量高速通信

とのことです。

ハイクオリティ3DCGや8K解像度での制作が要求されるようになるなかで、
処理の高速化を図るワークフローや技術、また5Gのような次世代通信の重要性は
ますます高まっていくと感じました。

以前からよく言われている「5Gが実用化されれば、AR/VRは次のフェーズに進む」ということを、
肌で感じられたデモでした。

おはなしアシスタント レナ

cetec_blog_04

AR空間上のAIキャラクター レナと対話をすることができます。

「AR空間上のAIキャラクター」って冷静に考えると、スゴいパワーワードですよね。。。

GoogleのTangoによる空間認識をもとに、レナちゃんをAR上に投影しています。
会話ボタンを押して、質問をすると答えを教えてくれます。

会場内はうるさかったので、
なかなか音声認識がうまくいかず会話が難しかったのですが、
ジャスチャーは自然でした。可愛かったです。

携帯ショップに限らず、
お店でサービスの説明を受けたりするのが、僕はあまり好きではありません。

担当者によって説明のレベルが違ったり、
相性もあると思いますが、めっちゃ腹の立つ話し方の人がいたりするからです。

どの担当の人に当たるか分からない「運ゲー」をするくらいだったら、
多少挙動が甘くても、可愛くて正確な回答をしてくれる「AR空間上のAIキャラクター」と会話したいです。(個人の感想です)

KDDI株式会社 ニュースリリース
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/09/28/2707.html

他にもたくさん素晴らしい技術がありました!!

各専門メディアさんが、それぞれ詳しい記事をあげてらっしゃると思いますので、
興味ある方は深く調べてみてください。

それでは、またー!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*