Adobe Dimensionで3D表現に挑戦

こんにちは!

user-avatar

寒くなってきたので、昔の暖かい思い出を思い返しているノスタルジジィ佐藤です。

昔WEBの仕事を始めたばかりの頃、同僚の若者に「佐藤さんは何も出来ませんね」と言われ、
何も言えなくて股間が暖かくなる事がありました。

つまり私は、
「どーしようもなく」、「ダメな」、「でかチン」の3Dジジィなのです。

ということで、今回は先日のAdobe MAXで発表された3Dグラッフィクデザインソフト「Adobe Dimension CC」について少し書きたいと思います。

Adobe Dimensionとは

Adobe Dimensionは、3Dグラッフィクデザインソフトです。

3Dと言っても、3DMAXやMayamなどの3Dソフトとは少し用途が異なりモデリングの機能などは無く、2Dと3D合成を行えるグラフィックソフトです。

下のイメージもAdobe Dimensionで作成しました。
これの出来の良し悪しはともかく、Adobe Dimensionを使うと合成が非常に楽でした。

7fcf5a79-fd1a-6cc0-35a5-bd7684fe1673

Adobe Dimensionのすごいところ

操作が簡単

利用用途が2Dと3Dの合成に限られている為、直感的な操作ができ、
3Dの知識が一切なくても30分も使えばある程度理解することができます。

3Dモデルの素材が用意されている

Adobe Dimensionでは予め3Dモデルが用意されています。
その為、3Dモデルを作成する必要はありません。

a3bf9c7f-61c9-3ed4-983c-8d602837c341

もちろん、オリジナルの3Dモデルも使用することも可能です。

Adobe製品との連携

当然なのですが、他のAdobe製品との連携ができます。

Adobe Stockからの素材追加はもちろん、PSDファイルで書き出せて、且つレイヤー構造も保持してくれるので後からPhotoshopで調整ができます。

a1537376-bc23-f39f-c193-c0141cc248dd

Adobe Senseiが全て調整してくれる

通常3Dでグラフィックを作成する為には、ライトやカメラの設定、マテリアルの属性による反射や映り込みの設定など細かい設定が必要です。
Adobe Dimensionでは背景素材に合わせて、ライトや、環境マッピング、パースの設定などをAdobe Senseiが自動で調整してくれます。

Adobe Dimensionの1番のすごさはこれだと思います。

合成してみる

用意されている3Dモデルをつかって合成をしてみたいと思います。

まず用意されているカップの3Dモデルにロゴ画像をテクスチャとして合成します。
テクスチャのサイズや位置の変更も簡単です。
テクスチャなのでパースも自動で行ってくれます。

bca2a2c5-4dd6-d916-2533-e10ee61a1a46

次に背景画像を設定します。
この時点では合成した感じがでてしまい不自然な画像になっています。

f2af3b75-549e-4101-ef95-648228c3bbdd

ここでAdobe Senseiの登場です。
アクションから「画像から環境を設定」を選択します。

c01d8939-1fe0-4877-217a-f9bbdc23fb5d

環境光が作成され、パースが調整され背景になじむようになりました。

d957fe5b-11e7-de76-82a4-c96ce299954a

Adobe Dimensionの残念なところ

Adobe Dimensionに限ったことではなく、3Dソフト全般に言えることなのかもしれませんが、プレビュー表示や、レンダリング処理に時間がかかります。
特に光の屈折などが発生する透明の素材などはレンダリングに時間がかかります。

その為、マシンスペックなどにもよるとは思いますが、試行錯誤するのが大変な印象でした。

利用用途は何?

利用用途としてはパッケージデザインや、広告用の写真素材、製品デザインなどで力を発揮しそうです。

また、behanceの作品などをみるとアート作品などでも利用されています。

まとめ

2Dでの合成作業はパースが狂って綺麗に合成できなかったり、作業に時間がかかったり色々大変でした。
Adobe Dimensionを使えば、そんな面倒な作業も軽減されそうです。

また、グラフィックデザイナーが3Dオブジェクトをグラフィックに取り込みやすくなり、新しい表現ができそうです。

今後は機能追加が楽しみです!

SNSでもご購読できます。