TECH IN ASIA TOKYO 2017参加レポート

おはようございます。
タイガージェット・チンです。

9/27と9/28の2日間、
渋谷で開催されたTECH IN ASIA TOKYO 2017(TIA TOKYO 2017)に参加してきました。

今回のイベントでは、弊社ウィルグループがゴールドスポンサーを務めさせていただきまして、
スポンサーパスを貰うことができました。

sp_blog

TIAは、アジア最大級のテックイベント。
モテモテ”テクノロジー”ブログを名乗っている以上、参加しないわけにはまいりません。

ちなみに会場では海外の方も多いので、わりと英語がメインになっています。

僕は英語ができないので、ある程度覚悟はしていたのですが、
初日に会場に着く前から、スーパーイケメン外国人に英語で道を聞かれて崩壊しました。
(その人もTIAの参加者だったので、ぎこちない世間話をしながら会場まで一緒に行きました)

ものすごいボリュームのイベントだったので、
とくに気になったところをピックアップして記事していきたいと思います。

TIA TOKYO 2017 1日目

1日目は、弊社ウィルグループが実施している大企業連携アクセラレータプログラム
『HINODE(ヒノデ)』のDEMO DAYがありました。

本プログラムは、ウィルグループだけではなく多くの大企業新規事業セクションのご協力のよって、
ベンチャー企業に不足するリソースを提供し、起業家が目指したい世界の実現をお手伝いするというものです。
http://incubation.willgroup.co.jp/service/hinode/

hinode_blog

DEMO DAYに登場された5社、どれも素晴らしいプレゼンでした。


(1) Carat

カジュアルに出会えるリクルーティングサービス『GLIT』
https://glit.io/

tinderのようなUIで、表示される求人情報を左右にスワイプしていった結果を
アプリが学習していき、より最適な情報をレコメンドしてくれます。

就職や転職のための時間をなかなか取れない忙しい人に
良さそうなサービスです。

(2) BizteX

面倒な定例事務を簡単に自動化してくれるクラウド型RPAサービス『cobit』
https://www.biztex.co.jp/cobit

多くの人が日々の仕事で抱える繰り返しのエクセルワークを、簡単にロボット作成を作成して自動化できます。
クラウドベースなので、すぐに試してみることができるのも嬉しいです。

(3) BIT

ネイルプリンターを活用したジェルネイルサービス『INARL』
http://i-nail.jp/

自動でネイルをしてくれるハードウェア(ネイルプリンター)を提供しています。
従来のネイリストさんが行うネイルよりも、安く、早く、デザインの再現性も高くネイルをすることができます。
ネイルのデザインデータは、クラウド化されていて、海外展開も目指しているそうです。

(4) Phybbit

アドフラウド(広告詐欺)からあなたの広告予算とブランドイメージを守る『SpiderAF』
https://spideraf.com/

AIを活用した高い技術力を背景にユーザー情報・コンテンツ情報、ネットワーク情報など
様々な角度からメディアを監視して、広告不正請求を防ぐことができます。

メンバーは全員がバイリンガルということで、
そうした強みも生かして海外展開を目指すということです。

(5) WHITE CROSS

歯科医療従事者専用サイト『WHITE CROSS』
https://www.whitecross.co.jp/

歯科医療×ICTで、情報のハブとなり、
細分化され旧態依然とした業界の商流を変えることを目指しています。

集合写真も撮ったのですが、メンターの方を含め全員にはご許可をいただけていないので
掲載はできないです。申し訳ないです。でも僕は怒られたくないのです。

代わりにイラストを載せようと思ったのですが、
それはそれで怒られそうなので止めました。

TIA TOKYO 2017 2日目

2日目のメインイベントは、なんといってもメインステージで開催された
『Arena Startup Pitch Battle』です。

めっちゃ派手で、かっこいいステージです。
フェスかと思いました。

arena02

少なからず緊張でナーバスかと思いますが、
こんなステージで、大勢のお客さんがいるなかでピッチするのは最高にハイって感じです。
(僕だったらハイになりすぎて気絶すると思います。)

バトルに登場した6社のうち、とくに気になった4社をご紹介したいと思います。
どのプレゼンターの方も堂々とした素晴らしいピッチでした。

ちなみに多くの方が英語でプレゼンをしていました。
日英同時通訳のレシーバーが配れていましたので、英語力 ゼロの僕でも安心でした。
ありがとう、TECH IN AISAさん…!

(1) Umitron

生簀(いけす)のモニタリングで、魚の養殖の給餌コストの最適化。
https://umitron.com/

魚の養殖は伸びてきているが、エサ代はどんどん上がってきているとのこと。
従来は、エサは経験による直感で与えていたが、
それをデータアナリティクスを用いることで、コストを削減・最適化を図るというものでした。

(2) cinnamon

AIを活用し、日常の無駄の業務をなくすことで、人が創造性溢れる仕事に集中できるようにする。
http://cinnamon.is/

ホワイトカラーの日々の仕事で発生する
申請書や契約書といった大量のドキュメントを読む作業。

こうした時間のかかる無駄な作業を、AIを活用したドキュメントリーダーで読み込み、
必要な情報だけを抽出して、データベースに読み込んでくれるというものでした。

(3) MyDearest

VR上で、小説やマンガを読むことができる『FullDive NOVEL』『FullDive MANGA』
http://mydearestvr.com/

VRは「インターフェース革命」であり、
従来のように下を向いて本を読むという重力に囚われた行為から人々を解き放ちたいということでした。
視覚だけでなく聴覚からも訴えかけることで、より没頭できる新しい読書体験を提供します。

(4) Gruff

独自分析とアルゴリズムで、データの活用範囲を拡張する『CYPHER』
http://gruff.co.jp/

そのままでは利用の難しい優良なデータを、独自分析とアルゴリズムで活用できるように変え、
それを必要としている企業にエクスチェンジするというものです。

最優秀賞は、Umitoron!

『PR TIMES賞』『Jooto賞』『住友不動産賞』という3つの企業賞と
『最優秀賞』とを合わせた4つの賞が発表されました。

PR TIMES賞 → Umitoron
Jooto賞 → My Dearest
住友不動産賞 → Umitoron
最優秀賞 → Umitoron

Umitoronさんが3冠を達成しました。おめでとうございます!
受賞しすぎて賞のボードを持ちきれていなかったのに、ちょっと笑いました。

award03

またイベントに参加した際は、記事を書きたいと思いますー!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*